DJMag TOP100 DJs 2016のまとめ

14702501_1334194293280848_1227515982671696295_n

スポンサーリンク

DJMag TOP100 DJs 2016のまとめ

世界的なDJ専門誌「DJMag」が毎年発表するDJ/プロデューサーのランキング「TOP100 DJs」が今年も発表になりました。

昨年は「Dimitri Vegas & Like Mike」が栄えあるNo1の座を獲得しいい意味でも悪い意味でも話題になりましたが、今年は誰が頂点になったのでしょうか!?

そしてTOP100の中から「New Entry(新人さんいらっしゃい)」「Re-Entry(おかえりなさい)」「上昇(今年は頑張りました)」「下降(来年は頑張りましょう)」のランキングもまとめます。

No1はもちろんあの人!!

Screen-Shot-2013-10-16-at-4.05.59-PM

TOP100 DJsは2016/10/19からオランダ アムステルダムで開催されるAmsterdam Music Festival(AMF)の初日に発表されますが、開催前に発表されたフライヤーには「Special guest appearance by the new Number 1 DJ of the world」とともにあの人の名前がありません。

image-1

この時点でNo1DJはこのフライヤーにない名前、そしてあの人であろうという予測が立っていました(本人はSNSで否定していましたが「New」って書いてあるしあの人でしょ)。

そうです!もちろん2016年のNo1DJの座は「Martin Garrix」。若干20歳にしてついにNo1となりました。

cvkqxiqweaep2v0

「Animals(現時点でYoutube再生回数約9億再生!!)」で衝撃的なデビューを飾り、その後も勢い衰えることなくスマッシュヒットを連発。誰も文句のないNo1でしょう。

さて今年のTOP100のランカーは以下の通りの面々。

cvluhz3uaaetllj

流石に100位も紹介できないので、「New Entry(新人さんいらっしゃい)」「Re-Entry(おかえりなさい)」「上昇(今年は頑張りました)」「下降(来年は頑張りましょう)」のランキングをご紹介。

New Entry(新人さんいらっしゃい)

1_3k369r6s6hpo4go7gy30s

今回のTOP100 DJsで初登場したDJは以下の通り。

New Entry 順位
1 Marshmello 28
2 Florian Picasso 38
3 Lost Stories 52
4 Vintage Culture 54
5 Alan Walker 55
6 Diego Miranda 58
7 Timmy Trumpet 75
8 Martin Jensen 82
9 Jauz 83
10 Carl Nunes 86
11 Jay Hardway 89
12 Flume 94
13 Daddy’s Groove 97

2016年の新人賞は大方の予想通り今年大活躍、ULTRA JAPAN 2016のメインステージでもプレイした「Marshmello」でした。

他にも「Alan Walker」やmarshmelloとも仲良しでULTRA JAPAN 2016にも出演した「Jauz」、何回かMartin Garrixとコラボしている「Jay Hardway」などがランクインしてます。
これからどんどんと活躍の場を広げる面々ですが、この中で誰が田中マー君になり、斎◯佑樹になるか今後も目が離せません。

Re-Entry(おかえりなさい)

181

一旦TOP100から外れたものの再度舞い戻ってきた不死鳥の面々は以下の通りです。

Re-entry 順位
1 The Chainsmokers 18
2 Felguk 67
3 Bobina 91
4 Martin Solveig 98
5 DJ Feel 100

出ました「The Chainsmokers」。
TOP100 DJsではMartin GarrixがNo1ですが、この人達は今現在の音楽界でNo1です。なんたって権威あるランキングチャート「billboard」でThe ChainsmokersのCloserが1位ですから。Closer以外にもDon’t let me downが9位と、恐らくMartin Garrixよりも乗ってるんでじゃないでしょうか。

上昇(今年は頑張りました)

image2

次は昨年に比べ、順位が上昇したランキングをまとめました。

NAME 上げ幅 順位
1 Swanky Tunes 70 27
2 Galantis 59 39
3 Quintino 48 32
4 Robin Schulz 30 69
5 DJ Chetas 26 33
6 ATB 21 61
7 Alok 19 25
8 Ummet Ozcan 17 19
9 Don Diablo 15 15
10 Headhunterz 12 36

改めまして、「Swanky Tunes」が第1位!!!。。。。。申し訳ございません。勉強不足で「Swanky Tunes」を知りませんでした。
改めて勉強し直してきます。

スポンサーリンク

個人的に応援する「Quintino」が32位と大幅ジャンプアップで嬉しい限りです。

下降(来年は頑張りましょう)

233

残念ながら昨年に比べ順位を下げってしまったランキングです。

NAME 下げ幅 順位
1 Dyro 66 93
2 Showtek 59 96
3 Dannic 44 70
4 Porter Robinson 35 90
5 Vicetone 31 81
6 Yves V 28 62
7 Blasterjaxx 27 43
8 Andrew Rayel 25 65
9 Deorro 25 53
10 Markus Schulz 24 80

不名誉なNo1はHardwellの秘蔵っ子「Dyro」。確かに最近あまり聞かない気がします。

気になるのがHardwellが主宰を務めるレーベル「Revealed Records」からリリースするDJがちらほら(Dyro、Dannic、Deorro)。

それもあってかHardwellはDJMagに対してお冠な様子

まとめ

いかがでしたでしょうか。DJMag TOP100 DJsの存在価値について、ランクインするHardwellやDillon Francisなどからの批判もありますが、その時々のダンスミュージックの世相を表すいいエンターテイメントだと思います。

少なくともこのチャートに乗るDJは人々を楽しませるのに十分な実力を持っている人たちなので、来日したときは是非とも足を運んでみて下さい。

スポンサーリンク

14702501_1334194293280848_1227515982671696295_n