【ぼっちでいいじゃない】ひとりクラブのすゝめ

eb9714a8-c634-4987-883e-99ff9499602c

スポンサーリンク

【ぼっちでいいじゃない】ひとりクラブのすゝめ

音楽に対して余り興味がなかった私ですが、2013年のSONIC MANIAにたまたま会社の先輩に誘われ、その時に出演していたSteve Aokiを見て、というよりも、お客さんの盛り上がりを見て以来どっぷりEDMというものにハマってしまいました。

それからというもの有名DJやデカイフェスを見に行きたいがために友人を誘いますが、無理やり誘っても当然友人は心から楽しめてはいない様子。好きな音楽は誰かに強制されるものではなく、やはり人それぞれ好みがあるんだなーとつくづく思います。

クラブやフェスは複数人で行き、同じ時間を共有し楽しむことが多いと思います。なので1人でクラブやフェスに行くのは気が引ける。けど爆音で音楽が聞きたい。あああぁぁぁぁーーーーー!!!!と一人で葛藤していましたが、意を決して「ひとりクラブ」に行ってきました。

今回は同じ悩みをもつEDM好きぼっちさんのために「ひとりクラブのすゝめ」をお届けします。

誰もあなたのことを見ていない

c8763d63

私がひとりクラブをする時に一番気がかりだったのが「うわ、、、あいつぼっちやん」という周りからの目でした。

しかし考えてみてください。あなたが今日歩いた道ですれ違った人のこと、特徴、顔を覚えていますか?よほど奇天烈な人でないと他人の事なんて覚えてもないし興味すらありません。

更に先に述べたように、クラブやフェスは複数人で行き、そのグループ内だけで時間を共有しています。他人には目もくれないです。

仮に他人になにか思われてもその人とは二度と会うことはないでしょう。

なので安心してぼっちで向かいましょう。

どこまで行ってもマイペース

A cropped shot of a handsome businessman with colleagues requesting various things from him

複数人いればそれぞれやりたいことがあり、集団で行動する以上多数決なのか、一番力があるリーダーの独断なのか決定方法は様々です。したくもない行動を強いられるのはストレスです。しかし一人であれば決めるのは自分です。好きなときに見たいDJを見れ、疲れたら休み、飽きたら帰る。

本当はアホみたいにノリノリになりたいのに、友達にこんな姿見られたくない///

けど安心して下さい、ひとりであれば存分に本来の自分を表現できます。

自由を手に入れた楽しみ方、それがひとりクラブです。

スポンサーリンク

やり過ぎれば輪が広がる

Screen-Shot-2013-10-16-at-4.05.59-PM

以前渋谷のT2で行われたArmada Nightでスーツ姿で一人ノリノリで楽しんでいると隣の男性から「前にオランダ代表のユニフォーム来ていた人ですよね」と声をかけられました。思い起こしてみるとelectroXにArmin Van Buurenが来た時にオランダ代表のユニフォームを着て、相当ノリノリだったのでその男性の目に止まったのでしょう。

先に述べたように「誰もあなたのことを見ていない」でしたがやり過ぎれば当然目に止まります。ただし、その男性が私に声をかけてきたということは決して不快・奇天烈に思っておらず、むしろ好感であったからでしょう。

その男性とはLINEを交換し、後日一緒にフェスに行ったりしました。

このようにその音楽を本気で愛し、その場で表現すれば同じ思いを持った人が寄ってきます。同じ音楽を愛する人なので、後日気兼ねなく誘うことが出来ますね。

 

このようにひとりクラブは自分らしさを表現することができ、さらに同じ趣味を共有できる交友関係を築く可能性があります。

さあ週末はひとりクラブに乗り出しましょう!

スポンサーリンク

eb9714a8-c634-4987-883e-99ff9499602c