世界中で大人気の”ポケモンGO”に世界のDJが夢中!

top

スポンサーリンク

世界中で大人気の”ポケモンGO”に世界のDJが夢中!

7月7日にアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドでリリースされたポケモンGO(Pokemon GO)が今や社会現象になっていますが、その波は世界のDJ達をも飲み込んでいます。

今回はポケモンGOに夢中になるDJ達の様子をご紹介します!

ポケモンGO(Pokemon GO)ってなに?

pokemon-go-nick_statt-screenshots-1.0

任天堂の時価総額が9000億円跳ね上がったり強盗事件に使われたり死者が出たりと社会現象になっているポケモンGOですが、7月7日にアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドでのみ公開された位置情報ゲームアプリです。

開発は日本でも流行った「INGRESS」を開発したNiantic社と任天堂で共同開発を行ったアプリで、ユーザーの位置情報とリンクし、スマホ上にポケモンを映し出して(拡張現実(AR))バトルしたり、ポケモンをゲットするアプリです。

世界のDJが夢中!

スポンサーリンク

世界を熱狂させるポケモンGOですが、世界のDJ達もドハマり中!


future houseで大人気のOLiver Heldens(オリバーヘルデンス)


トランスの神様、Armin Van Buuren(アーミンヴァンブーレン)も(Gotta Catch ‘Em Allは「ポケモンゲットだぜ!」の意)


世界No1 DJ Hardwell(ハードウェル)


どこに行くにもXBOXやプレイステーションなどの据え置き型ゲームを持っていくEDM界きってのゲーム好き、Nicky Romero(ニッキーロメロ)


トランス界最大手のレーベルArmada Musicはピカチュウのロゴに


Steve Aoki(スティーブアオキ)も冒険に


2015年ウルトラジャパンを沸かしてくれた赤丸急上昇中のVicetone(ヴァイストーン)は背後からヒトカゲを

https://twitter.com/Blasterjaxx/status/751790277443084288
Blasterjaxx(ブラスタージャックス)はまだゲット出来ていない様子w

 

いかがでしたでしょうか?

世界中を飛び回れるDJであればたくさんのポケモンに出会えるのでさぞ楽しいことでしょう!

日本でも配信される予定なので興味のある方は是非ともゲットしてみてください。
スポンサーリンク

top