【日本再上陸】ARMADA NIGHT(アルマダ ナイト)開催決定!Andrew Rayel初来日!

d12020-2-319893-0

スポンサーリンク

【日本再上陸】ARMADA NIGHT(アルマダ ナイト)開催決定!Andrew Rayel初来日!

今年も世界的ビッグレーベル「ARMADA MUSIC」が手掛けるイベント「ARMADA NIGHT」が日本に上陸します。今年で3回目の開催ですが、ヘッドライナーとしてトランス界のトップアーティストでDJ MAG TOP100でも常連の「Andrew Rayel」と「Orjan Nilsen」が来日します!

「ARMADA NIGHT」とは?

d12020-2-319893-0

日本でも3回目の開催となるARMADA NIGHTは、トランス界の神様Armin Van Buurenがトップを務めるトランスミュージックレーベル「Armada Music」が手掛けるトランスイベントで、毎年Armada Musicの看板DJが来日するトランス系のビッグイベントです。

初開催の2014年は「Ruben De Ronde」「David Gravell」が、2015年には「Mark Sixma」「Husman」が来日し、観客を大いに盛り上げました。私は昨年のARMADA NIGHTに参加しましたが、世界の最前線で活躍するDJの生のプレイを堪能するために多くのARMADAファン、トランスファンが集まり、大変な盛り上がりを見せていました。

今年のARMADA NIGHTは?

1_3j8rssf7he27ut7085caw

2014年、2015年は渋谷のクラブ「T2」で開催されてましたが、今年は新木場の「ageHa」で開催されます。渋谷だと音楽以外の目的のお客さんが多くて、純粋に音楽を楽しみたい私としてはあまりいい思いはしていなかったので、ageHaでの開催は嬉しい知らせです。また日本の代表的なトランスDJ「norio SP」がプロデュースするイベント「Anahera」が今年からageHaで開催されるようにもなったのも影響するでしょう。トランス界のビッグアーティストを次々と来日させるageHa、私は非常に好きです(音響にも力を入れてますしね!)。

さて今年のARMADA NIGHTで来日するのが「Andrew Rayel」と「Orjan Nilsen」。トランスファンには待ちに待った2名の初来日です。

今回はトランスDJでAndrew Rayelに次ぐ人気を誇ると言っても過言ではない「Andrew Rayel」についてご紹介します。

「Andrew Rayel」とは?

Andrew_Rayel

Andrew Rayel(アンドリュー レイエル)は1992年生まれ(23歳)モルドバ共和国出身のトランスDJです。その人気は彼が出演するイベントのチケットはすぐにSoldoutし、2014年、2015年には世界最大級EDMイベント「Tomorrowland」に出演しました。DJの人気ランキングのDJ MAG TOP100では2012年に77位、2013位は28位、2014年は24位、2015年は40位とトランス系DJの中でもArmin Van Buurenに次ぐ勢いがあります。

Andrew Rayelの代表曲・定番曲

それではARMADA NIGHTに参加する前にAndrew Rayelの代表曲・定番曲を聴いて予習しましょう!
Andrew Rayel – Power Of Elements

Armin van Buuren & Andrew Rayel – EIFORYA

Andrew Rayel & Digital X feat. Sylvia Tosun – Winterburn

Andrew Rayel & Mark Sixma – CHASED

Andrew Rayel – Epiphany

いかがでしたでしょうか。「Andrew Rayel」と「Orjan Nilsen」が初来日となるトランスファン垂涎のイベントとなるでしょう。チケットはこちらから。
スポンサーリンク